News‎ > ‎

古閑くんの研究内容が, 森林火災対策協会報 (第35号, 平成27年6月1日)に掲載

2015/07/09 22:23 に Kentaroh Toyoda が投稿
古閑くんの「火災検知データの優先度を考慮した経路選択を用いた無線センサ森林火災監視システム」に関する研究内容の解説記事が、森林火災対策協会報 (第35号、17-21ページ、平成27年6月1日発行) に掲載されました。
http://www.center-green.or.jp/ffca/pdf/kaihou/35.pdf
Ċ
35.pdf
(5930k)
Kentaroh Toyoda,
2015/07/09 22:23
Comments